多肉植物を買う
昨日新宮町の「コーナン」で多肉植物を買いました。
多肉植物
(RICOH CX6)

リトリープス 3点 @480円
ハオルチア ライムグリーンかな? 480円
(札にはハウォルチアと書いてあります)
四海波(しかいなみ) フォーカリア属 480円
黒兎耳(くろとじ) 180円
安いと思います。
ヤフオクではもっと安く入手できる可能性もあるけど送料がかかるし、楽天やアマゾンは高めです。

前買ったときは性質を調べることもせず枯らしてしまいました。
かわいそうな事をしました。

以下コピペ自分用
四海波(しかいなみ) フォーカリア属
フォーカリアは多肉植物の中でも、冬型に分類され、9月から翌年の6月頃までが育成期になります。寒さには比較的強いですが、それでも多肉質なので水分が凍るような低温に当たると枯れます。冬は屋内で管理し、できれば5度以上が維持できる場所に置いてください。高温多湿が苦手なので、夏は風通しの良い明るい日陰で管理し、水やりは極力少なくします。月に一度程度か、完全断水して夏を乗り切ります。
リトリープス
6月から9月休眠期 11月から4月成長期

ハオルチア
3月から6月ごろの春から初夏までと、9月から11月の秋に生育するので、それ以外の暑い夏期と寒い冬期には水やりを控え、休眠させます。
多肉植物としてはめずらしく強い光を必要としないため、1年を通して戸外または室内の明るい日陰で管理します。春と秋の生育期には、用土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。夏と冬の休眠期に用土が湿りすぎていると根腐れを起こすことがあるので、水やりは控えます。室内で常に冷暖房が効いている環境ではその限りではなく、一年中成長させることも可能です。

黒兎耳
日光下栽培

夏の水やりでは、日中に与えるのをやめておきましょう。

日差しの強い日中に水をあげてしまうと、傷んでしまうので、夕方に水を与えるのがポイントです。

土が乾いているのを確認してから、土の表面が濡れるくらいの水をあげてください。

春と秋は月兎耳の生育期がやってくるので、土が乾いた時に、底穴から水が流れてくる量の水を与えてください。

春と秋の水やりは、与えた分だけ生長してくれますが、まだ土が乾いていない時に水を多く与えてしまうと、鉢の中で根腐れを起こしてしまうので、過度の水やりはしないように注意してください。

冬になると、月兎耳は休眠期を迎えます。

この時期は、生育期と比べると栄養を吸収する力が弱まってしまうので、水やりの頻度は控えるようにします。

半月から1ヶ月に1度だけ、土の表面が濡れるほどの水やりをするだけでかまいません。

大量に与えすぎてしまうと、土が乾きにくくなってしまうので、1週間以上土が湿ったままにならないように気をつけてください。