Boy glad football lost in tsunami found in Alaska

夕べは落雷のためか10分以上停電した。
こんな長期間の停電は生まれて初めて。
地震が多いので懐中電灯はすぐ側に用意していたので、それで蝋燭を速やかに探し10本ほど立てて過ごしていた。
この状況なのに、停電直後から猫は餌が欲しいと鳴き出す。
うーん、やっぱり猫は空気を読まない動物なんだな。



4/23 Mon  YAHOO! NEWS (英語版)で取り上げられたたニュース。
津波で陸前高田から運ばれたサッカーボールがアラスカのある島の海岸で発見された。
発見者のバクスターさんの奥さん、ユミさんが日本人だったため、このサッカーボールは持ち主の村上ミサキ君のもとに帰ることになった。

で、読んだ人のコメントは、やは奇跡的な出来事に感嘆するものが圧倒的に多いが、このマーカーについてのコメントも多かった。


Floating in salt water for more than a year and the writing hadn't faded a bit. That is what I call permanent marker.

確かに、1年以上塩水に浸かっていながら、文字が全然あせていない。

Japan Quality still the best

まさにこのコメントに尽きると思う。

メイド・イン・ジャパン 頑張って!

で、気になるコメントもありました。


In Alaska ,we get all Japans fishing nets , buoys and tons of other plastic junk daily . This is not a surprise really .