今日は雨です。寒いです。

さて、モクレンには白のハクモクレンと紫のシモクレンしかないと思っていたのでありますが、交配種があって頭を抱えています。
花のシショウのはた衞門さんが
サラサモクレンニシキモクレンを取り上げてくれています。
シモクレン→花びらの外も内も紫
サラサモクレンとニシキモクレン
→錦木蓮は花びらの外側がほぼ紫一色なのに比べ、こちら更紗は紫の裾から先端に向けてボカシ模様です。花の大きさも、錦木蓮ほど巨大ではありません。(はた衞門さん)
トウモクレン(ヒメモクレン)→花被片の先端が尖り、外は紫中は白


サラサモクレン
2d89ef49.jpg





(ペンタックスK10D+タムロンSP AF 28-72mmf/2.8)
これはサラサモクレンに間違いないですよね。

すると、下のモクレンはニシキモクレンでしょうか?
ネットでいろいろ写真を見るともうサラサもニシキもトウモクレンも
ごちゃごちゃであります。
はた衞門さんがニシキモクレンだと教えてくれました。
0e1a8331.jpg

(ペンタックスK10D+タムロンSP AF 28-72mmf/2.8)
近所の庭で。


(RICOH Caplio R5)
これは公園の木蓮、花期を過ぎています。

それではた衞門さんによるとトウモクレンは花でなく幹でみるのだそうです。
「花はシモクレンと似ていますが、花で見分けるよりも幹で見ます。
主幹がなくて根元から株立ちになるのがトウモクレンです。」
(はた衞門さん)
花はないのですが根本から株立ちになっているトウモクレンの全体像を見つけました。
今度トウモクレンとシモクレンの写真を撮ってのせたいと思います。
はた衞門さん、ありがとうございました。
すっきりしましたよ。